忍者ブログ

井上梓の雑記帳(永遠のノータイトル)

井上梓の目についたニュースとか本とか鉄道とか変な物とか、とにかく気になったことを気ままに書いていくBlog

2017'11.21.Tue 02:23:14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'04.01.Wed 18:37:00
小生、今日は漫喫で余暇を満喫することをやめ、市ヶ谷に散歩に出かけることにした。
モーニングパック2時間500円を蹴るのは小生には少々勇気のいることだった。
散歩に行ったが外堀の桜は咲いていなかったので残念だが帰宅することにした。
すると近くの檻のような門の奥に、虚空に向けて緑色で細長い物が向けられていた。

しばらく見ているとその間に幾人もがその車上の細長い箱のような物を見に来ているようだった。
小生も周りに習いカメラを向けてシャッターを切っていると、ノートになにやらメモを取っていた、
たばこ臭く齢40過ぎの男に声をかけられた。どうやらその男はスポーツ新聞の記者のようだ。
小生はその記者に聞かれたことに少し頭を使いながら答えた。5分もしないうちに質問は終わり、
最後に小生の身分を訪ねられたので答えると、ずいぶん大人びて見えた、と驚かれた。

・・・疲れたからこの文体やめて良い?

その後、小生は歩いた。
何も考えずに歩いた。
見覚えのある文字が道路標識に記されていたのでそちらに向けて歩くことにした。

何分歩いただろうか、急に人が増えて地下鉄のマークが見えた。
その後もしばらく歩き続けると、図書館があったので小生の気になっている本があるかを探してみた。
30分ほど探し、どうやらこの図書館はあまり使えなさそうだとわかった。
せっかくここまで来たのだから利用カードを作った。これで小生の名の記された図書館のカードは4枚になった。

そして、来た道とは反対方向になお歩き続けると、巨大な文具屋と見慣れた映画館があった。
映画館のサービスデイだと書かれた紙を見て、今日は午前中だけ嘘がつける日だったことを思い出した。
大声で、空にミサイルが飛んでいる!と叫ぼうかと思ったが時計を見ると時既に時間切れ、
小生、危うく恥をかくところだった。さらに歩くと見慣れた駅があったので電車に乗って帰ることにした。
PR
Post your Comment
 
Name:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[485] [484] [483] [482] [481] [480] [478] [477] [476] [475] [474
«  BackHOME : Next »
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索
プロフィール
HN:
井上梓 (azusa2)
職業:
友達のいない高校生
趣味:
読書とか旅行とか
自己紹介:
Twitter azusaII
メールは諸般の事情で非公開となりました。
コメントをいただければこちらからご連絡差し上げます。

「何を考えているかわからない」と割といわれる。
その実たぶん何にも考えていない。そんな人間。

基本的にHNはazusa2、
人名っぽくすると井上梓
ついったー
ココロさん

Copyright(C)2006-2010 井上梓 Azusa.Inoue All rights reserved.  
TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]