忍者ブログ

井上梓の雑記帳(永遠のノータイトル)

井上梓の目についたニュースとか本とか鉄道とか変な物とか、とにかく気になったことを気ままに書いていくBlog

2017'08.22.Tue 20:19:45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011'09.13.Tue 21:41:39
確か、昨日書こうと思っていた何かがあったので、それを今日書こうかと思ったのですが思い出せないので、
仕方なくそれを没にして別のことを書きます。
うぃ~さんが年間計算にして3日に一度記事を書く、宣言をしていたので便乗しようかと。
122記事から今のところの62を引いて60、残り100日としても、割と余裕がありますね。


・原宿に連れて行かされました

 
今日のことです。気がついたら原宿にいました。
いえ、楽しかったです。本当に。
楽天で帽子をポチろうかそうするまいか、ちょっと悩んでいるところ。
帽子は適当に中野とか高円寺とかで買ってもいいのだけれどね。


・なんで帽子かって、髪を切りました


気づいたら日曜の6時過ぎ、いつものところはしまっていたので、
いい加減腹をくくって1000円カットに行ったところ、非常になんともいつもと違う感じの、
個人的にはあまり好みではない感じに仕上がったので、せっかくだし帽子でもかぶってみましょうかと。
そろそろ涼しくなってきますし。いえ、涼しくなっていただきたいですし。

基本的に季節感のある格好をしない私は、
夏以外は雪が降る季節でも同じ帽子で何とかしようとするので、
ある程度生地の厚いものを選びたいところですが。

今年の春まで使っていたあれはどこに消えたのか……


・ざっくりこのブログを5年以上は使っているわけですが

 
9月の終わりから、トップエントリの下部に広告が入るそうで、ちょっといやな感じです。
ここのところNINJAさんはいろいろと手を広げつつ、サービスの改悪が目に余るような。
どこか広告の少ないブログサービスを探してひっそりとお引越しするのもありなんじゃないかなと、思ったり。

SNSは基本的に好きじゃないのでやりません。
みくしぃとか、ふぇいすぶっくとか、基本的に登録してあるだけです。


・ニコニコ本社なんてものがあった


原宿にはそんなものがあったことを今日思い出させられました。
なんで秋葉原じゃないのかって、おそらくいまだにポップカルチャーの最先端って原宿渋谷だから、
秋葉原は一過性のブームであり、流行の町として確立していないから、
あるいは、すでにニコニコ動画はメインストリームであり、
かつ若者文化の発信地であるのが原宿だから、
とかそういう理由があったりするんじゃないですかね、と適当なことを思ったりしました。


・私、思い出したんですよ……

 
昨日書こうかなと思っていたのは最近読んだ本の感想についてだったような気がします。
没にするといったのであえてもう書きませんが。



・中学の、勉強に追いつく気がないから何か別のことをしていた時期のことを書きたいと思う。


そのころ下井草図書館で日中、給食の時間くらいまでサボっていた私は、
てきとうにその図書館で目に付いたり、インターネットで名前を知っていたり、そういう人の書いた、
今思うとまた面倒くさい本を読んでいることもあった。

もちろん適当な小説・ライトノベルなんてのも読んでいたけれど、
そのほかに読んでいたよくわからない本は割とあって、そして今になってそれを読み返しても
いまひとつわからないことがあるというのに、当時の自分は何がしたかったのか。
……いわゆる中二病でしょうか。

ライトノベルなんかはたしか、『ある日、爆弾が落ちてきて』とか、『先輩とぼく』だの、
あるいはダブルクロスTRPGのリプレイなんかも読んでいたような気がする。
ほかはあいまいながら桜庭一樹とか有川とか西尾とか、要するにいまだに読んでる人たち。

でもって、よくわからないほう。
面倒くさいから著者のなまえだけずらずら羅列していくけれども。
東浩紀やら、本田透やら、香山リカ、、ほか。 面倒なのでやめておく。

私は鉄道旅行が好きだ。
18きっぷが好きだ。
新幹線が好きだ。
寝台列車が好きだ。(ry

ブログのブームが来て、そんな中テキストと写真のサイトを立ち上げていたのはそのころ。
いまだにサーバー上にデータは残っているのだろうけれど、当時の文章など読めたものではない。
でもって、そういうサイトを漁っていたのもそのころがおそらくピークじゃないかと思う。
ご近所づきあいは何においても大切です。

そんなこんなでいろいろ見ていたうち、広大な狭いインターネットの中からひとつのサイトにたどり着き、
鉄道関係のコンテンツのみでなく、GIDやら、桃井はるこやら、そんな感じのページに目を通し、
おそらくその直近に図書館に向かった際、そんな感じの本を眺めて、
適当でいい加減な知識を頭に入れたのかな、と。 
一応精神領域なのでそれ以前にもあるいはなんらかで触れていたかもしれない。
その手の知識を持っていてそれほど得をした覚えはなく、むしろ損ばかりしている気がするが、
多少は知識を持っていていいこともあったのかもしれないと思い始めたのがこの半年くらいである。

結局、なにがどう役に立つのかわからないものだ。
しかし、中学ではもう少しまともに勉強していたほうがよかったかもしれない。

PR
Post your Comment
 
Name:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[883] [882] [881] [880] [879] [878] [877] [876] [875] [874] [873
«  BackHOME : Next »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索
プロフィール
HN:
井上梓 (azusa2)
職業:
友達のいない高校生
趣味:
読書とか旅行とか
自己紹介:
Twitter azusaII
メールは諸般の事情で非公開となりました。
コメントをいただければこちらからご連絡差し上げます。

「何を考えているかわからない」と割といわれる。
その実たぶん何にも考えていない。そんな人間。

基本的にHNはazusa2、
人名っぽくすると井上梓
ついったー
ココロさん

Copyright(C)2006-2010 井上梓 Azusa.Inoue All rights reserved.  
TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]