忍者ブログ

井上梓の雑記帳(永遠のノータイトル)

井上梓の目についたニュースとか本とか鉄道とか変な物とか、とにかく気になったことを気ままに書いていくBlog

2017'05.29.Mon 09:10:58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'11.11.Tue 18:40:23
いらない本の話を以前した気がするがその続き的な物。

砂糖菓子(富士ミス)先輩とぼくと交換してもらった。(交換が等価ではない気がするが、まあそれはあとで)

サウス・バウンド 奥田英郎(文庫版ね)
フリッカー式  佐藤友哉

あらすじ的な物。
とりあえずコピペだとおもしろくないので書いてみた。

サウスバウンド-元過激派の両親を持つ小学生の家族が東京から沖縄に引っ越す話。
主に父親がいろいろやって大変。文は小学生の視点から見てる。映画と違ってナンセンスとは言わない。

フリッカー式-ロリコンでネクロフィリアで壊れてる主人公が、妹を犯したレイプ魔の娘・孫を拉致監禁する話。
THのマルチとCCさくらをちょっとでも理解していた方が良いかもしれん。クライマックスでヲタネタが解らないとむずがゆい。
・・・なんかものすごい文章になってしまった。

まあ正直そんなことはどうでも良いんだ。

砂糖菓子の富士ミス版は何なの?アマゾンでは定価の倍ぐらいの値段ついてるんだけど。
リンクが単行本に張られているのはそういう理由。

買ってきたので感想 アクセル・ワールド1


今年の電撃大賞「アクセル・ワールド」だそうです。よくわかりません。今日の週アスに書いてありました。
ちなみに刊行は2月だそうな。とおいよぉ~。んで、


アスキー・メディアワークスは、新たな文庫レーベルとなる「メディアワークス文庫」を、2009年冬に創刊する。

 「メディアワークス文庫」は、近年の小説作品のジャンルの広がりを受け、現在刊行されているノベルレーベル「電撃文庫」に収まりきらない作品を世 に送り出すべく創刊される新たな文庫レーベル。新人賞からデビューした独自の作家や作品が、そのレーベルを作り上げ大きくしていく「電撃文庫」のノウハウ を踏襲しつつ、「電撃文庫」を読んで大人になった読者や、最近おもしろい小説がないと思っている読者まで、幅広い層に楽しんでもらえるものを目指すとい う。

 また、この文庫の創刊にあわせて、現在募集を行っている「第16回電撃小説大賞」に新たな部門「メディアワークス文庫賞」が設立され、選考が行わ れる。2009年の10月に予定されている「第16回電撃小説大賞」の受賞作の発表後、2009年冬に「メディアワークス文庫」が創刊される運びとなって いる。

 だそうです。有川浩さんとか?「大人ライトノベル」って書いてたし。
「アスキーメディアワークス文庫」じゃ駄目なんでしょうか。

PR
Post your Comment
 
Name:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
俺はゆやたんの文体が苦手なんだ・・・
いずち: 2008.11/12(Wed) 13:50 Edit
 
ユヤタンの文体ってころころ変わる気がする。
フリッカー式は何このエロゲって感じだったな。
azusa2@ひーくん: 2008.11/12(Wed) 21:21 Edit
trackback
この記事のトラックバックURL:
[371] [370] [369] [368] [367] [351] [344] [343] [342] [341] [340
«  BackHOME : Next »
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索
プロフィール
HN:
井上梓 (azusa2)
職業:
友達のいない高校生
趣味:
読書とか旅行とか
自己紹介:
Twitter azusaII
メールは諸般の事情で非公開となりました。
コメントをいただければこちらからご連絡差し上げます。

「何を考えているかわからない」と割といわれる。
その実たぶん何にも考えていない。そんな人間。

基本的にHNはazusa2、
人名っぽくすると井上梓
ついったー
ココロさん

Copyright(C)2006-2010 井上梓 Azusa.Inoue All rights reserved.  
TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]