忍者ブログ

井上梓の雑記帳(永遠のノータイトル)

井上梓の目についたニュースとか本とか鉄道とか変な物とか、とにかく気になったことを気ままに書いていくBlog

2017'08.22.Tue 08:38:13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'07.28.Mon 21:30:21
書いてる途中でニュースから流れてきたネタを書きますね。

通り魔事件容疑者「ネットの人の世界で最高の場所だから」
ほーら。どこでもいいなんて嘘に決まってるじゃないか。

NHKニュースより 全文引用

東京・秋葉原の通り魔事件で逮捕された男が、「インターネットの世界の人たちにとって最高の場所だから秋葉原を狙った」と供述していたことが新たにわかりました。警視庁はインターネットの世界で孤独感を募らせた男が、自分の存在を主張するために事件を起こした疑いがあるとみてさらに調べる方針です。

引用此処まで

だとさ。
奇しくも今日はあの事件から四十九日が過ぎ、献花台も撤去された。
そんな中、ダガーナイフを有害玩具とする県も続々と。
ぱっと見だけで千葉・島根・長崎・山形・・・そして今日のニューズにあった北海道。
玩具とするのは如何かと思うがそこは置いておいて。

まあ、ダガーナイフなんてモノは早々使うモノではないからいいのだけれど。
これが例えば折りたたみツールナイフだったりすると怖い怖い。

スイス軍の官給品だったりするモノが普通に市販されていますから、
あながちなくもないのか。

そもそも犯人のナイフの画像見ると、
スローイングナイフも混じってるから見た目だけでで選んでる様な気がしてならない。

画像は産経デジタルより

一番左は多分ブーツナイフ
二つめは登山用とかアウトドアなの?
三つめがいわゆるダガーナイフって報道されたモノ
でも分かる人に言わせるとシールズナイフっていうらしい。

で、一番右のは投げナイフ。モノを切るって言う用途には使えない代物。
折れにくいように刃が柔らかめで、切れは良くないはず

たいてい投げて命中させるのには慣れが必要だと思うのだが、どうだろう?

ちなみに、投げたときに相手に刃が刺さらないとイケナイので、距離次第で
刃をもって投げるか柄の方をもって投げるかかえないといけない。
カッターを突き刺すように投げる人がいるけど、それじゃ意味がないので覚えておいてください。

ぁ、実際にやると危ないので壁とか電話帳とかに投げるだけにしといた方がいいですょ。
別に投げるのは勝手ですがその後に何があっても知らないので。

で、本来書きたかったこと。

カラオケ行きてぇ~

何でか明後日から伊豆に行くことになっちゃったよ。
小田急経由で。

これでVSEにのれる。やったね!

白いロマンスカーだよ。
青い方にも乗ってみたいけれどもっと使わなさそう。

明日辺り、
「一人でのどを潰すまで大声を出し詠う会」(参加者一名)

をやろうと企画していたのだけれど、何故か病院にいかなけらばならなかったことを思い出してげんなり

しかも伊豆に行くから次に行けるのは八月はいってからだわorz
ランキングがリセットされてしまって面白くない。
マイナー曲だからどれ詠っても一位が出てしまったりするから困る
だからカラオケは月末に行きたいのに。
PR
Post your Comment
 
Name:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280
«  BackHOME : Next »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索
プロフィール
HN:
井上梓 (azusa2)
職業:
友達のいない高校生
趣味:
読書とか旅行とか
自己紹介:
Twitter azusaII
メールは諸般の事情で非公開となりました。
コメントをいただければこちらからご連絡差し上げます。

「何を考えているかわからない」と割といわれる。
その実たぶん何にも考えていない。そんな人間。

基本的にHNはazusa2、
人名っぽくすると井上梓
ついったー
ココロさん

Copyright(C)2006-2010 井上梓 Azusa.Inoue All rights reserved.  
TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]