忍者ブログ

井上梓の雑記帳(永遠のノータイトル)

井上梓の目についたニュースとか本とか鉄道とか変な物とか、とにかく気になったことを気ままに書いていくBlog

2017'12.12.Tue 00:04:06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'09.06.Sun 23:18:08
一応logを残しておく人間なのですが、いつも写真使って旅行記書いたりしてたわけですが、
サイトを見る人がどれだけいるのかと聞かれると返答に困るので自分のためにも記録だけ

文章で表現するのは難しいのだがかなり適当に書いてますと。

要は伝わらなくてもおこるな。いつものひどい文章。つんでれ。
あと、京都編は京都の地図を片手に見ないと意味不明。
丸竹夷二押御池 姉三六角蛸錦 のうたも役に立たない。
簡単に言うと北限が非常に狭い。これも地図を見ればわかる。



8/12 序章
夜中に外出って無駄にテンションあがりませんか?
君の知らない物語をBGMにして出発。

23時過ぎにバス乗車、座席は7割ほど埋まっており、私を含め大きな鞄の旅行者が目立つ。
阿佐ヶ谷駅から中央線、三鷹で0時を回り18きっぷに鋏を入れてもらう。

8/13 未明、東京都三鷹市
三鷹から立川まで中央線。
おそらく小学校~年長位の子どもたちがはしゃぐ。
「金曜日って何かテレビあった?」「ドラえもんとか」「長野でやってるかな?」
立川に到着、後ろから来るムーンライト信州で松本へ。
坐奈氏とずっとメールをしていた気がする。主に大学とか就職の話。

朝4時過ぎ、長野県松本市
とりあえず腹が減ったので松本駅前のマクドナルドで腹ごなし。
マックポークとホットコーヒー、あとで追加のアップルパイ。 コーヒーはおかわりできた。
個人的に、松本は暑いと感じたのだが、どうやら私が駅前だからか、彼のいる標高が高いのか、もしくは空調のせいか、同じく松本にいたらしい坐奈氏は「寒い」と。
だらだらと6時くらいまでマックで粘る。あと30分ほどで中津川行きの始発の時間だ。
飲み物と新聞(信濃毎日…だったかな?)を購入。

9時前 岐阜県中津川
南北に長い長野県をやっと抜けたのが8時半、大体寝てたけど景色がすごかった。
45分頃に中津川に到着、ライナー券を買う。名古屋まではおよそ1時間。まだ寝不足なので寝る。
そして気づいたら千種、ここはもう名古屋の中心部。荷物をまとめて降りる準備をして名古屋。10時きっかり。
トイレに行ったあと駅のホームできしめんを食す。うまい。なんでも名古屋有数のきしめん激戦区だとか。
どこか間違っているが、実際美味しいらしい。10時半、大垣行き快速で名古屋をあとに。さらばドアラよ。
滞在時間は30分きっかり。

11時半 岐阜県大垣市

名古屋からきっかり30分。この先東海道線でもっとも本数が少ない大垣~米原の関ヶ原越え。
1時間に2本しかないと言うべきか2本もあると言うべきか?次の米原行きは42分。
黒山のできているホームの乗車列に並び、しばらく待つ。
来た車両は4両2ドアの車両、座席は多い。車両の反対側の方が列がはけてきたので走る。座席を確保。
ここで座れないと間違いなく30分ほど立つ羽目になる。
向かい合わせの席に座っているのは女性レイヤー2名、わかりづらいが一人はウィッグ常用のようだ。関係ないけど。

12時過ぎ、滋賀県米原市
新快速万歳!京都までは快適な8両編成!4両から乗り換えて座れない理由がない。
京都までは50分くらい。毎回滋賀県なんて琵琶湖横目に通過するだけの存在な気がする
22分発姫路行き新快速。たぶん終点まで200キロくらいある。
乗車中にふと思いだして水路閣行くなら山科で降りるべきと思い出す。

13時過ぎ 京都府山科
インクラインのあとを下り水路閣を目指す。100年以上前、現在の滋賀京都県境をこえて、
琵琶湖から洛中にまで水を引っ張ってきた水路が未だに機能している。
水運のための水路と、その水で発電し、電車で船を琵琶湖側に持って行くという仕組みだったらしい。
お寺の中に突如現れる煉瓦造りの水道橋。なかなかすごい風景。さすがにロケ地になるくらいの印象深さはある。

その疎水の分流が流れる哲学の道を下る。
焼き八つ橋を売っているお店とか、お茶屋とか、湯豆腐とか猫とかいろいろ見物だった。
春とか冬とか秋とかにも歩いてみたい。要はまた行きたい。
歩いてくとお土産屋さんと開けたとおり、向かって右は坂の上まで続くお土産屋さん。銀閣地道。と言うエリアだろうか。
残念ながら今は銀閣寺が改修工事らしいので見ることはできない。でも、このお土産屋さんの雰囲気が好き。

坂道を降りてそのまま直進。白川今出川。さらに進むといろいろいわれのある京大。
いわゆる、「京大の単位は空から降ってくる」とか、森見登美彦の小説でネタにされてたり。

たぶん15時頃 鴨川デルタ付近
ここは歩いてもあまり面白くないのでバスで出町柳まで今出川通りを直進。
鴨川デルタのエリアである。ここもロケ地になっていたねぇ。気がつくと聖地巡礼。
先ほどの疎水の分流はこの加茂川に流れ込む。
デルタの北東側、下鴨神社の糺の森(ただすのもり)でやはり森見登美彦の小説の舞台になった、「下鴨納涼古本まつり」をやっている。
適当に見に行ってみた。すごかった。神保町の一角をテントに入れてもってきた感じ、と言うとどれだけ伝わるかな。
「古本屋1軒、テントを屋根の代わりにしました」の感じが何件も並んでいるといった光景。
そこで荷物が増えるのを嫌い漫画だけ買って撤収するのは何とも言えない感じだと我ながら思う。

16時くらい。
今出川通りをさらに西へ、京都御苑の北を進み地下鉄今出川駅=烏丸今出川
とりあえず四条烏丸まで行って夕飯を探す。
なんだかんだで弁当を買った。

17時半
四条河原町界隈をうろうろしていたらいつの間にかこんな時間。もう少し鴨川を北に行くと先斗町。
まあそんなとこにはいけないし、行く気もない。そろそろ宿に行きたいな。と思いバスを検索。
10系統が直通ですねと理解したところで横をバスが走り去る。後ろ姿には[10]とある。次のバスは20分後…
しかも雨まで降ってきた。サイアク。

19時頃
ようやく宿にたどり着く。バスに揺られて小一時間、距離にすると10キロらしいが。
今日の宿は宇多野YH、チェックイン手続きをして4人部屋に。ベッドは手前下段。
上段はオーストラリアの方だったかしら。部屋の奥のベッドは日本人、茨城と埼玉だったっけ?

まあ、基本的に人と触れることが苦手な私はほぼ無干渉。とりあえず名前とどっから来たと聞かれたので、
「井上といいます。東京からきますた」位の適当な挨拶を返し弁当を食べ風呂に入って寝るだけ。
無線LANがつかえたのでベッドの中でPSP、旅先でもこんなことをしているのって一体。
ベッドでごろごろしてるとコミケについて友人からメールが来た。寝る。

ここまで書いた。
文字だけって面倒。
 
PR
Post your Comment
 
Name:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
一人旅って憧れる。
坐奈: 2009.09/07(Mon) 01:17 Edit
 
旅行楽しいお。
azusa: 2009.09/07(Mon) 19:21 Edit
trackback
この記事のトラックバックURL:
[657] [656] [655] [653] [652] [651] [650] [649] [648] [647] [646
«  BackHOME : Next »
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索
プロフィール
HN:
井上梓 (azusa2)
職業:
友達のいない高校生
趣味:
読書とか旅行とか
自己紹介:
Twitter azusaII
メールは諸般の事情で非公開となりました。
コメントをいただければこちらからご連絡差し上げます。

「何を考えているかわからない」と割といわれる。
その実たぶん何にも考えていない。そんな人間。

基本的にHNはazusa2、
人名っぽくすると井上梓
ついったー
ココロさん

Copyright(C)2006-2010 井上梓 Azusa.Inoue All rights reserved.  
TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]